愛知県・岐阜県・三重県や関東&関西も、不動産は株式会社不動産SOSにお任せください!

豆知識

豆知識一覧 不動産屋さんの広告で見かける単語(その2)

不動産屋さんの広告で見かける単語(その2)

◆取引態様◆

不動産のチラシやポータルサイトに「取引態様」と書かれた欄があるかと思います。
これは、不動産屋と売主の媒介契約(媒介とは仲介のこと)の形式がどれになっているかを表しています。

専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
有効期間 3ヶ月 3ヶ月 無制限
レインズへの登録 媒介契約の日から5日以内 媒介契約の日から7日以内 なし
他社への依頼 × ×
自己発見取り引き ×
業務処理状況の報告 1週間に1回以上
口頭・電話・メール・手紙等
2週間に1回以上
口頭・電話・メール・手紙等
なし

※レインズとは 不動産業者だけが利用できる、物件情報を共有するサイトです。

上記3種類の契約形態が存在します。
主だった違いは、複数の不動産屋に依頼できるかどうかです。

●専属専任媒介契約の場合 売却の依頼ができる不動産屋は1社だけで、依頼した不動産屋が紹介する相手以外の人とは取引が出来ません。(依頼主が自分で取引相手を探すことは出来ない)
不動産屋にすべてをお任せするといった内容です。

●専任媒介契約の場合 売却の依頼ができる不動産屋は1社だけで、依頼主は自分で取引相手を見つける事が可能です。

●一般媒介契約の場合 何社でも不動産屋に依頼が出来ます。また、依頼主は自分で取引相手を見つける事も可能です。

どう売却活動を進めるのかで選ぶ媒介契約が変わってきます。売却依頼をするときには、ご自分がどの媒介契約で進めるべきか不動産屋に相談しながら進めてください。

では、実際契約が決まったらどう変わってくるかというと・・・
全く変わりません!
一般媒介契約で何社も売却依頼をしたとしても、買主を見つけてきた1社のみと契約の手続きを進めることになり、その他の業者とはその時点で解約となります。

不動産仲介業は成功報酬制となりますので、いくら広告をだして売却活動を頑張っていても不動産屋はお客様からお金を頂く事は出来ません。
(※まれに特別な広告を出した場合は実費必要となることもあります。内容は不動産屋によって違いますので依頼する不動産屋に聞いてみてください。)


専属専任媒介契約、専任媒介契約で依頼しても、一般媒介契約で依頼しても支払う仲介手数料に変わりは有りませんのでご安心ください。
これは不動産を買うときも同じです。

では、仲介手数料はいつ発生するのでしょうか?
不動産の買主が決まり、不動産売買契約を結んだときにはじめて発生します。

不動産業者によって違いますが、「契約時に半金、引き渡し時に半金」としたり「引き渡し時に全額」仲介手数料をお支払いいただく業者が多いです。

不動産SOSでは「引き渡し時に全額」頂戴しております。
※ご依頼する不動産屋によって変わってきますので、事前にご確認ください。

↑ PAGE TOP

友だち追加